キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

土井大炊頭利勝(どいおおいのかみとしかつ)

三代将軍徳川家光の輔導役を務めた酒井雅楽頭忠世(さかいうたのかみただよ・1572-1636)・土井大炊頭利勝(どいおおいのかみとしかつ・1573-1644)・青山伯耆守忠俊(あおやまほうきのかみただとし・1578-1643)の肖像画です。酒井は二代将軍秀忠時代の幕政の中心人物で上州厩橋(群馬県前橋市)12万石に、土井は佐倉16万石の城主になりましたが、青山は家光をしかり過ぎて勘気にふれ、元和9年(1623)に大多喜2万石に厳封されました。(関連資料を読む)