キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

6弘化度高御座並幣旗等図(6 ぼしんごそくいざっきふずこうかどたかみくらならびにへいきとうず)

明治天皇の即位式の記録である「戊辰御即位雑記」の付図。絵を描いた浮田可成(1827-93)は、山口藩に生まれ、同藩に仕えた後、明治4年から宮内省、太政官正院、内務省等を経て内閣記録局に勤め、緻密な絵図類を多数残しました。
弘化3年(1846)、孝明天皇即位の際の状況を復元したものであり、高御座図の後に幣旗等図が続いて描かれている。なお、2頁目以下は、付箋のある箇所の付箋をめくった状態を示している。原図サイズ:67.6㎝×803.1㎝