キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

北海道東部(ほっかいどうとうぶ)

明治初期の銅版の海図を1冊にまとめたものです。明治 4年(1871)に兵部省海軍部水路局が東京築地に設立されました。測量に従事した柳楢悦(1832ー91)は、津藩出身、明治19年改組した水路部の初代部長を勤めています。明治4年(1871)柳は北海道・東北沿岸各港の測量を実施しました。海図の一隅に、経度・緯度や干満差、測量従事者の氏名等が記載されています。本書には、明治12年までに測量された海図が収められています。海図は、そのサイズにより、1頁に複数の地図を収録してある場合もあります。原本のサイズは片頁で53cm×69cm、見開きの場合は106cm×69cmになります。目次30番の「大島神瀬補足之図」は、目次9番の「伊勢国礫港之図」と同一の頁に貼り込まれています。また、編綴が一部目次の順序と異なっています。
第93号。測量年不明。択捉・国後・色丹・歯舞の北方四島に加え、ウルップ島まで描かれています。地図の左上には、択捉島単冠湾他の錨地が、右下には色丹島斜古丹湾や対岸の北海道の根室港等が併せて印刷されています。