キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

博物図(「掛図」)

「博物図」は、M.Willson & N.A.Kalkinsの「School and Family Charts」中の動植物図を参考にしてつくったものといわれ、動物5図、植物5図の計10図の構成です。銅版で描いた輪郭線に、木版で色彩をのせています。小野職愨(おのもとよし・1838~90・幕府医官小野蘭山の玄孫。文部省に勤め、博物館関係事業に従事した)選。明治6年文部省の刊行です。

博物図第1図
はくぶつずだいいちず

画家は加藤竹斎(名督信、東京生まれ。加藤恒信の門。東京帝国大学に職を奉じ、植物を多く描いた。)。「植学入門ノ階梯」として、植物の葉や根、花の形を彩色画で描いています。植物の名前には、英語名も記載されています。 原図サイズ:58cm×81cm

博物図第2図
はくぶつずだいにず

画家は長谷川竹葉。瓜花類は、上下に分けられ、上段に桃・梅・柿といった果実類が、下段には、かぼちゃ、茄子、瓜等が彩色画で描かれています。 原図サイズ:58cm×81cm

博物図第3図
はくぶつずだいさんず

画家は長谷川竹葉。穀物之類・莢豆之類・根塊の類の三つに分けた画面に、彩色画で記載しています。穀類には、米・麦・粟等のほかにトウモロコシも記載されています。 原図サイズ:58cm×81cm

博物図第4図
はくぶつずだいよんず

画家は長谷川竹葉。葉茎類、葷辛類、海藻類、きのこ類の4つにわかれています。葷辛類には、ワサビやニンニクといった香辛料が描かれています。 原図サイズ:58cm×81cm