キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

元禄国絵図

江戸幕府の命で、慶長・正保・元禄・天保の4回、全国規模で国ごとの絵図等が作成されました。このうち元禄国絵図は、元禄9年(1696)その作成が命じられ、同15年(1702)までにほぼ全国の分が完成したといわれています。1里を6寸とする縮尺(約21,600分の1)で、山、川、道路等が描かれ、街道を挟む形で描かれている黒丸は一里塚の表示です。郡別に色分けされた楕円形の枠内には村名と石高が、白四角で示された城下町には地名と城主の名前が記されています。国立公文書館には、元禄図の原本8鋪、模写本8鋪が保存されています。天保国絵図全国分83鋪(重複を含めると119枚)及び松前島から琉球まで国ごとに各村の石高を記した「天保郷帳」85冊とともに昭和58年(1983)国の重要文化財に指定されました。今回の撮影は、現状に手を加えることなく行っております。そのため一部不鮮明個所がありますが、ご了承下さい。

常陸国(元禄)
ひたちのくに(げんろく)

石高の記載のあとに通常ある作成を担当した者の記載がありません。筑波山には、本殿と樹木が詳細に描かれています。 原図サイズ:東西405cmx 南北550cm。

下総国(元禄)
しもうさのくに(げんろく)

石高の記載の最後に書かれた氏名から絵図の作成に関宿藩(牧野備前守)と古河藩(松平伊豆守)が担当したことが判ります。新田開発が進み、椿海と呼ばれた湖が干拓され姿を消しています。 原図サイズ:東西501cmx 南北391cm。

近江国(元禄)
おうみのくに(げんろく)

元禄図の模写本です。石高の記載の最後に書かれた氏名から絵図の作成に彦根藩(井伊掃部頭)・膳所藩(本多隠岐守)・水口藩(鳥居播磨守)があたったことが判ります。比叡山には、多くの寺社が描かれています。 原図サイズ:東西343cmx 南北516cm。

山城国(元禄)
やましろのくに(げんろく)

元禄図の模写図です。原図サイズ:東西233cm×南北328cm。

丹波国(元禄)
たんばのくに(げんろく)

石高の記載の最後に書かれた氏名から絵図の作成に福知山藩(朽木信濃守)・園部藩(小出伊勢守)・柏原藩(織田山城守)が担当したことが判ります。原図サイズ:東西399cm×南北311cm

大和国(元禄)
やまとのくに(げんろく)

元禄国絵図の模写本です。石高の記載の最後に書かれた氏名から、絵図の作成に郡山藩(本多能登守)、高取藩(植村右衛門佐)があたっていたことがわかります。 原図サイズ:東西245cmx 南北442cm。

河内国(元禄)
かわちのくに(げんろく)

元禄国絵図の模写本です。石高の後に記載されている名前は、それぞれ寺社奉行・大目付・町奉行・勘定奉行の職にあった者です。宝永元年(1704)の新大和川開通前の状況を示しています。 原図サイズ:東西137cmx 南北295cm。

和泉国(元禄)
いずみのくに(げんろく)

元禄国絵図の模写本です。石高の記載の最後に書かれた氏名から、絵図の作成に岸和田藩(岡部美濃守)があたっていたことが判ります。 原図サイズ:東西110cm x南北240cm。

摂津国(元禄)
せっつのくに(げんろく)

元禄国絵図の模写本です。石高の記載の最後に書かれた氏名から絵図の作成に尼崎藩(青山播磨守)・高槻藩(長井豊熊)・三田藩(九鬼大和守)があたっていたことが判ります。現在の天保山付近の淀川河口には広く干潟が広がっています。 原図サイズ:東西274cmx 南北246cm。

播磨国(元禄)
はりまのくに(げんろく)

元禄図の模写本です。当初浅野家、本多家、脇坂家、松平家の4家に命じられた作図ですが、赤穂事件により、浅野家が改易にあったことから、他の三藩からの提出となりました。原図サイズ:東西374cm×南北310cm

日向国(元禄)
ひゅうがのくに(げんろく)

地図の裏面には、同図の作成の経緯が記されおり、薩摩藩御用絵師坂元勘兵衛によって描かれたことを知ることができます。 原図サイズ:東西423cm x 南北726cm。

大隅国(元禄)
おおすみのくに(げんろく)

石高の記載の最後に書かれた氏名から薩摩藩(松平薩摩守)が絵図の作成にあったことが判ります。 原図サイズ:東西349cm x 南北750cm。

薩摩国(元禄)
さつまのくに(げんろく)

石高の記載の最後に書かれた氏名から薩摩藩(松平薩摩守)が絵図の作成にあったことが判ります。白四角内に書かれた「鹿児島之城」のよこに、島津氏の菩提寺、玉龍山福昌寺も記載されています。 原図サイズ:東西414cmx 南北781cm。

琉球国沖縄島(元禄)
りゅうきゅうこくおきなわとう(げんろく)

石高の記載の最後に書かれた氏名から薩摩藩(松平薩摩守)が絵図の作成にあったことが判ります。 原図サイズ:東西305cm x 南北548cm。

琉球国大島(元禄)
りゅうきゅうこくおおしま(げんろく)

石高の記載の最後に書かれた氏名から薩摩藩(松平薩摩守)が絵図の作成にあったことが判ります。 原図サイズ:東西312cm x 南北597cm。

琉球国八重山島(元禄)
りゅうきゅうこくやえやまとう(げんろく)

石高の記載の最後に書かれた氏名から薩摩藩(松平薩摩守)が絵図の作成にあったことが判ります。 原図サイズ:東西261cm x 南北589cm。