国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

紙幣寮前面(しへいりょうぜんめん)

明治新政府の紙幣は、当初ドイツで製造し、大蔵省紙幣寮で検査、押印をしていました。国産化の声が高まり、明治7年(1874)5月、紙幣製造工場を建築するための伺書が太政官に提出され、同年12月、工場の建築が認められます。その際の文書に添付されていた図面です。明治9年10月、西洋式2階建て赤レンガ造りの建物が落成、「朝陽閣」と呼ばれ錦絵にも描かれました。
 本図の含まれる「公文附属の図」は、平成10年「公文録」とともに、国の重要文化財に指定されました。
原図サイズ:29.9cm×65.1cm

Manifest URI :

二次利用について:CC-BY(CC-BY 4.0 全世界 パブリック・ドメイン提供)

ただし、画像については「画像等データの二次利用について」をご確認ください。


PAGE TOP

画像ダウンロード

ダウンロードする画像のファイル形式・解像度・ページ数を選択してダウンロードボタンをクリックしてください。

ダウンロードする