キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

紙幣製造場図

明治新政府の紙幣は、当初ドイツで製造し、大蔵省紙幣寮で検査、押印をしていました。国産化の声が高まり、明治7年(1874)5月、紙幣製造工場を建築するための伺書が太政官に提出され、同年12月、工場の建築が認められます。その際の文書に添付されていた図面です。明治9年10月、西洋式2階建て赤レンガ造りの建物が落成、「朝陽閣」と呼ばれ錦絵にも描かれました。
 本図の含まれる「公文附属の図」は、平成10年「公文録」とともに、国の重要文化財に指定されました。