国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

明治東京全図(めいじとうきょうぜんず)

明治4(1871)年11月に、東京府全域が6つの大区と97の小区に画定されました。その後、隣接諸郡からの編入などを経て、11大区・103小区となります。明治9(1876)年に刊行された「明治東京全図」からは、大区・小区が置かれていた当時の東京の姿がうかがえます。大区小区制は、体系的法制度によるものではなく、明治4年の戸籍法に定められた区を出発点とする制度でした。当時なお不備不整頓の状態にあり、地方区画の制度を整備することが模索されます。
原図サイズ:東西162cm×南北214cm

Manifest URI :

二次利用について:CC-BY(CC-BY 4.0 全世界 パブリック・ドメイン提供)

ただし、画像については「画像等データの二次利用について」をご確認ください。


PAGE TOP

画像ダウンロード

ダウンロードする画像のファイル形式・解像度・ページ数を選択してダウンロードボタンをクリックしてください。

ダウンロードする