キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

阿蘭陀本草和解

八代将軍吉宗(1684-1751年)の命を受けて、本草学者である幕府の医官野呂元丈(1693-1761年)が、主として紅葉山文庫所蔵のドドネウスの「草木誌」を抄訳し、薬草の名称・効能・用法・製法などを寛延3年(1750)に報告したものです。我が国の蘭学研究史上、記念すべき文献といわれています。2冊(簿冊表紙・目次等、上下冊)。