キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

坤輿万国全図

明代、イタリア人宣教師マテオ・リッチ(Ricci,Matteo1552-1620)が、中国に伝えたヨーロッパの世界地図をもとに、李之藻が漢訳し、万暦30年(1602)北京で刊行された地図です。太平洋を中心にし、中国が図面の中央近くにあり、図中のアルファベットをすべて音訳して漢字で表記してあります。当館所蔵のものは、世界図の部分を切り取って、東は日本(蝦夷を除く)、西はビルマ、南は占城(ベトナム)の範囲を鳥瞰図法により描いた皇輿図の「裏」に、張り直したものです。

(裏)坤輿万国全図7
こんよばんこくぜんず

蝦夷を除く日本地図が描かれています。日本海の記載も見られます。