キーワード検索
詳細検索
横断検索
Langauge
国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準 拡大

Language

日本語 English

Language

北槎聞略

天明2年(1782)、江戸への航海中に遭難、漂流の後ロシアに渡り、寛政4年(1792)に帰国した伊勢国の船頭大黒屋光大夫等の体験を、蘭学者桂川甫周が幕府の命を受けて聴取したロシア・シベリアの地誌・見聞録です。持ち帰った衣服・器物の写生図、地図の模写も含まれています。

地球全図
ちきゅうぜんず

原図サイズ:66.8cm x 117.6cm。

欧羅巴全図
ようろっぱぜんず

原図サイズ:52cm x 72cm。

亜細亜全図
あじあぜんず

原図サイズ:52cm x 72cm。

亜弗利加全図
あふりかぜんず

原図サイズ:52cm x 72cm。

亜墨利加全図
あめりかぜんず

原図サイズ:52cm x 72cm。

魯斉亜国彊界分図
ろしあこくきょうかいぶんず

ロシア全土を8分割して、地域ごとに、支配関係を記しています。 原図サイズ:17.6cm x 208.8cm。

魯都図
ろとず

当時のロシアの首都ペテルブルクの市街図です。王宮等主だった建物等にイロハ等の符号をふり、欄外に名称と記載しています。 原図サイズ:52cm x 72cm。

皇朝輿地全図
こうちょうよちぜんず

1786年作成の日本全図とありますが、1679年に出版された日本図の模写ではないかと言われています。 原図サイズ:47.2cm x 72cm。

器材・装身具等
きざい・そうしんぐなど

光太夫はエカテリーナ二世(1762-96)に厚遇されたといわれています。エカテリーナ二世の肖像を描いた掛版や、時計、顕微鏡等が詳細に模写されています。 原図サイズ:長さ1378cmx 紙高29cm。

服装等
ふくそうなど

帽子から、靴・靴下まで、模写された衣服には、カンゾロ(胴衣)、シタノイ(袴)といった、ロシア語の名称も記載されています。 原図サイズ:長さ1603cmx 紙高29cm。