国立公文書館デジタルアーカイブ

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

陸奥ぶり:東北地方のスケッチ

「陸奥ぶり」(みちのくぶり)は、東北地方の庶民生活の図。「画人北馬の家つとなり」とあり、絵師の北馬が旅行中にスケッチしたものと思われます。北馬は北斎の弟子の蹄斎北馬(1771―1844)でしょうか。早乙女(さおとめ)、心太(ところてん)売り、遊女の様子などが軽妙な筆でいきいきと描かれています。(関連資料を読む)

サムネイル表示

リスト表示


PAGE TOP